Public Law Practice Association.

開催のお知らせ

研究会の開催について

◆行政判例研究会について
第二東京弁護士会の継続研修として1時間につき1単位が認められます。
会員以外の方は、資料代として2,000円を当日受付でお支払ください。

法律実務学会専門家ネットワークについて
法律実務学会専門家ネットワーク』の参加を募集します。 詳細はこちらをご参照ください。

判例研究会等のご出欠は、事務局井澤にご連絡ください。
E-mail: info@plawpa.org

平成29年3月 公法研究会・実務公法学会判例研究会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  平成29年3月 公法研究会・実務公法学会判例研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公法研究会及び実務公法学会 3月判例研究会を
下記日程で開催致しますので、ご案内申し上げます。

日時:平成29年3月17日(金)14:00~16:00
会場:時事通信社 7階 会議室
住所:東京都中央区銀座5丁目15−8

会場アクセス
profile_map_l.gif



[概要]

大変お世話様になっております。
3月17日 危機管理セミナー分科会3(建築防災)を開催します。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。


◇プログラム(13:30受付開始)

14:00 
開会挨拶・基調講演:尾見 博武(おみ ひろたけ)
          公共ネットワーク機構常任理事・実務公法学会理事

14:30
演題:演題:市街地建築における防災対策
講師:淡野 博久(あわの ひろひさ)氏
    土交通省 住宅局 市街地建築課長

アウトライン:
 昨年の熊本地震や糸魚川の大規模延焼火災による甚大な被害など、
地震・火災等に対する市街地及び建築物の安全性確保は引き続き
重要な課題となっている。阪神淡路大震災、東日本大震災などの
被害を踏まえた建築分野における地震防災対策の取組みや密集
市街地の改善整備に向けた取組みを紹介するとともに、熊本地震の
被害調査結果を踏まえた対応や糸魚川の大規模延焼火災への
対応などの最新情勢を紹介させていただく。

16:00 終了


button08_moushikomi_01.jpg


[会費](事前登録制)当日受付でお支払い下さい。

実務公法学会会員・公共ネット会員・自治体職員・議員
・研究者・機管理セミナー共催・後援団体役員:【無料】
士業会員、危機管理セミナー後援団体会員【1,000円】
一般 (企業)【3,000円】


[資料について]
ご講演資料は参加お申し込みの方へ事前にメールで送信します。
お手数ですがプリントアウトされまして当日御持参下さい。
会場で資料配布は致しませんので、予めご了承ください。


※本セミナーはビデオ録画致します。後日当会HPから
 動画(Youtube)にて配信(資料ダウンロード付)予定です。
※この定例会は、第二東京弁護士会の継続研修として1単位が認められます。
※講演資料は事前にメールにて送信の予定です。